八街メモリアルダイヤモンド

思い出の品を
光輝くダイヤモンドに

長寿のお祝いに

長寿のお祝いに記念品としてダイヤモンドを│八街メモリアルダイヤモンドanniversary

長寿のお祝いとは

日本では、人生の節目にお祝いをする慣習があります。

長寿のお祝いについては、奈良時代に貴族の間で行われたという記録があります。当時の文献「懐風藻」によると、715年に長屋王の「四十賀」が、「東大寺要録」では740年に聖武天皇の「四十賀」が行わたそうです。

今では60歳の「還暦」でさえまだまだ現役でお若い方も多いのに、当時は40歳で初老なのね……

もともと、*数え年の誕生日に祝うものでしたが、最近では、満60歳や満70歳というように、満年齢で祝う人も増えてきました。

長寿のお祝いは、今までの感謝といつまでも元気で長生きしてほしいという気持ちを伝える絶好の機会です。
プレゼントすることだけがお祝いではありませんが、何かの形で気持ちを表すことができたら良いですね。

長寿のお祝い「賀寿(がじゅ)」

還暦:満60歳

還暦とは「暦が還る」の意味です。馴染みのある「干支(えと)」ですが、12年で一巡する「十二支(じゅうにし)」と、10年で一巡する「十干(じっかん)」との組み合わせでできています。数えで61年目に、十干と十二支が生まれた年と同じになる、つまり暦が一周まわって戻ることから「還暦」というようになりました。元の暦に戻るという意味で、「本卦還り」とも称されます。

赤いグッズを贈る習慣があるよね。

ちゃんちゃんことか……

「赤子に還る」という説、また魔除けの意味を込めて、という説があるそうです。

還暦には、赤い帽子や赤い座布団などを贈ったり身につけたりする慣習があります。これは「赤子に還る」という意味から。また赤色は魔除けになるという説もあるようです。

古希:満70歳

中国の詩人、杜甫のの中にある「人生七十、古来稀也」のが由来になっているとか。この詩では、「人生70歳まで生きることは稀である」と言っているのですが、人生100年時代の現代では、定年を迎えてこれから人生を謳歌する世代といえるのかもしれません。

長寿祝いの色は紫色だそうです。

喜寿:満77歳

喜の字を草書で各と七十七と読めることから。還暦や古希と異なり、室町時代末期に日本で生まれたと言われる風習です。

数字の7は縁起が良く、ラッキーセブンが並ぶ喜寿はとてもおめでたいもの。テーマカラーは紫と言われています。

傘寿:満80歳

傘の略字が八十と読むことができることから。「八十寿(やそじゅ)」ともいいます。傘寿のテーマカラーは黄色(金茶色)です(紫という説もあり)。黄色い花や基調とするアイテムを用意すれば、普段の誕生日は違う特別感が出ます。「八十寿(やそじゅ)」ともいいます。

米寿:満88歳

米の字を分解すると八十八になることから。88歳は米の祝ともいい、米文化の日本と末広がりの八の字が2重になっておめでたいとされています。

卒寿:満90歳

略字では、卒を卆と書き、縦に読むと九十となることから。長寿祝いの色は、紫色または白色だそうです。透明感のある白、高貴な紫、どちらも卒寿のお祝いにぴったりの色です。

白寿:99歳

百から一を取ると白という字になり、計算上99になることから。白装束をつける地域もあります。

百寿・紀寿:100歳

100歳のお祝い。紀寿の紀は一世紀の紀になります。長寿祝いの色は、白色です。

賀寿のプレゼントは何がいい?

還暦では赤いものを贈る慣習がありますが、その他の長寿のお祝いでは特に決まったものはありません。

人生の区切りとなるお祝いなので、消耗品ではなく記念として形に残るプレゼントがおすすめです。しかし、モノにあふれた現代では、形にとらわれず思い出として残る旅行や食事などを贈るケースも増えています。

プレゼントの金額の相場は、ひとそれぞれです。目安として両親の場合は2~10万円、祖父母の場合は1~5万円、親戚の場合は1~2万円、それ意外の場合は5千~1万円程度と金額に違いがあります。

高価なプレゼントを贈る場合は、家族やきょうだいなどと共同購入しても良いでしょう。

八街メモリアル・ダイヤモンド│長寿のお祝いに

賀寿のプレゼントに、八街メモリアル・ダイヤモンドを

節目のお祝いとして、カタチに残るものを選ぶと喜ばれます。
しかし、高齢者の中にはモノを増やすことに抵抗のある人も少なくありません。旅行や食事など思い出として残る方が喜ばれることもあります。

八街メモリアル・ダイヤモンドなら、思い出の品を小さいダイヤモンドに変えて保管できます。

タイトルとURLをコピーしました